おめでとう 

Pちゃん 大学卒業おめでとう

知ったのが夜だったんでスポ誌買いにいけなかったよぉ~
半年遅れての卒業 3月卒業出来なかったことが悔しかったのか
最初笑顔はなかったと もともと笑わないPちゃんだからね
そして Pちゃんもまた負けず嫌い(笑)
単位不足はとても悔しかったと思う
試験受けて留年ならともかく 試験受けに行けなくての留年
その負けず嫌いさんがよく頑張ったよ
忙しさはさほど変わってないでしょ
大学の単位取るのがどのぐらい難しいことかわからないけど
(短大はあっさりしたものだったから なんかそう
苦労した記憶ないんだよね)
仕事と学生の両立だもん 融通がききあえないから
いっぱいいっぱい 負けず嫌いさんは人知れないところで
努力したんだろうな 強いよねみんな 
Pちゃんも 亀ちゃんも 仁ちゃんも だからさ こんなに
実年齢離れていても 離れている感覚無く 相手に真剣になれる
こういう強いところに 惹かれているんだろうなぁ

やっぱり試験勉強って
どの世代の学生もたぶん嫌いだと思うんですけど
それを乗り越えた時の達成感がたまらないんですよね
少しは努力をしてつらい思いをしていかないと
人として成長できないなと凄い思いました

Pちゃん 卒業本当におめでとう
半年遅れちゃったことは Pちゃんには納得行かないかもしれないけど
遅れを半年で追いついた自分のことを褒めてあげてね

Pちゃんが言った言葉 ちょっと前に同じようなこと
友達と話していました
子供が生まれてすぐに届く 学習教材のダイレクトメールに
頭を悩ませた友達が 子供のいない私にまで相談してきた
その話を 現役ママさんと話していて

学校ってさ 我慢 覚えるところだと思うんだよね


ジャニーズブログランキング
只今ランキング参加中 よろしければ1日1度クリックしてくださいな



なんで勉強するの198
小さいとき 親に言ったかもしれない
言わないにしても一度は疑問に思ったことはあるはず
進路を決めるとき 頑張ってひとつ上の学校に入るか
楽してランクを下げて入るか
人の将来なんて 結局自分の努力なんだから
どんな学校入って変わらないのよ 所詮
だけど 入る学校ひとつで 選択枠の広さは違う

ふと折り込み広告の学校見学に目が留まった
地元の専門学校だった 入学していたかもしれない学校
試験受けて合格して 学費は就職後支払いの権利を取っていた
地元企業と市とのタイアップ 卒業後の就職率もいい
親は入学してくれると思っていた けど入学しなかった
県内の1人暮らしをしなきゃいけない 短大を受けると
理由は 専門卒より短大卒の方が響きがいい
そんな感じだったと思う ハクが欲しかった
所詮 田舎の短大じゃ 
何処行っても通用するぐらいの名門じゃないのに
経済的圧迫から 親が入学を辞めてくれ言ったのに
なかば強引に飛び出して入った短大で見つけた今の会社

さて専門学校のチラシに戻って そこに書かれている
卒業後の就職企業を眺めていて ほぼ今の会社の取引先
顧客としてではなく 部品注文先の知っている会社が
名を連ねていた あの時 親に説得されて専門学校に入っていたら
今は どこかの会社で 今の会社から仕事を請けて
必死に仕事していたかもしれない 休みは?収入は?
考えた時に ようやっと 短大行っていて良かったと
言える理由見つけた 親には苦労かけたけどね
中小企業のパパさんがひとりで6人家族養っていたから
そりゃぁ 大学に娘入れるなんて余裕無かった思う
だから 卒業後結婚するなんて言った時の反対ようったら
凄かったけどね 学費は仕事して3年で返した
本当は 家賃代 購入電化製品込みで払うつもりだったのに
もういいって言われて きっと支払えたのも 今の会社だったから

私よか高校がもの凄い進学校入って
一緒の短大 同じ会社に中途採用のお友達もいる
国立4年生大学の卒業して 特許が取れるほどの開発したのに
本社採用ではなかったことから 自分の名前で特許取れずに
会社を辞めた子もいた(うちの会社じゃないけど)

いい学校に入れば いい会社に入れるとは思わない
けど レベルを上げれば その後の選択肢が増えることは間違いない
5の力で入った学校は5の選択肢に限られるけど
10の力をだして入った学校は 5の学校の選択肢を他に5つ多く
選択することが出来る
5のレベルの学校で 選択肢にないモノを選ぼうとすると
結局そこから 頑張ることになる
15歳や18歳でやりたいことなんて 正直はっきりしたものはない
知っている仕事なんてほんのわずか
でも やりたいことが見つかった時に そこにたどり着く道のりが
近いか遠いかは 自分が選んできた一つ一つの積み重ね
なんじゃないかなぁって 

苦労は若いうちにヤレ
まんざらでもないよね(笑)

学校とか勉強って世の中で役立つかっていったら
直接役立つことなんて少ないけど
Pちゃんの言う 努力と達成感 身につけるところなのかなって
我慢する 辛い 嫌なことを 人生甘くないぞってのと 
知るところなんだと
勉強以外にも ちっさい人間関係とかあるし
同年代だけの小さな世界だから そこでくじけたって平気
社会でもっと多様な人とあったら いろんな人がいて気が楽よ
自己責任で生きていられる年齢まで そういうのを知るのが
学校だったり 勉強だったりするのかなぁと
さほど苦労選ばず イジメも経験したけど ナニ言うって感じだけどね
将来 子供に質問された時 これで子供が納得するかどうか
わからないけどね(笑)
もしかしたら 他の方面で才能発揮する天才ちゃんの可能性も
捨てきれないしね(産んでから言え)

まだまだ 将来性のある皆さん 是非 頑張ってくださいね(笑)
人って 自分が望めば いくつになっても変われるんですよ
だんだん 腰は重くなっていくけどね

ある意味 自分に発破かけているんだけどなぁ・・・・・・



[2008/09/21 01:37] NEWS | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する