スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大事にするには 

キョウ届きましたo(≧∇≦)o
宅配で届いて販売元のブランド箱に
簡単に包装紙が巻かれていて
周囲を透明テープでしっかり固定されている状態に
ちょっとかなり涙目になった
お店にはブランド箱がただの配送箱でも
受け手にすれば大事なブランド箱なんだけど
贅沢言えば ショップの包装バックをつけて欲しかったぁ(゜-゜)

20110403 1 

このトートバックに一目惚れしたヲタは少なくないはず
アタシの場合はしょっちゅうだけど

お友達が販売元見つけてくれて
再販決定して(どんだけ影響力あるんだ
でも買うためにはお店に行かなきゃ買えなくて
東北には販売店ないから
『なーにそのときは買いに行ってあげるよぉ
と心強い連絡もらっていたんだけど
決定した発売日はヲ友達がことごとく都合が悪く
ええっこうなりゃバック一つ買うのに東京まで行っちゃるぅ
ぐらいの覚悟は決めていた
ちなみにバックのお値段 ほぼ新幹線往復と同額

ヲ友達のタイミングも悪かったけど
アタシのタイミングも悪く
発売日の翌週東京出が決まっていたから
自力で買いに行くのは金銭的に厳しかったのね
けど欲しいなら行くしかないっ

でも行けなくなった 
行きたくても行く手段なくなった




ジャニーズブログランキング
只今ランキング参加中 よろしければ1日1度クリックしてくださいな



こーんな状態だから発売も延期されるかも
つながらない電話に安全な地域からお店へ連絡してもらうと
予定通りの販売続行 
問い合わせたヲ友達も申し訳なさそうに連絡くれたから
枠広げて仕事仲間の一般人や販売店に近い隣県のヲ友達にも
お願いしてみるも 大規模で混乱中だったから
なかなか買い物なんていっている
余裕はヲ友達にもどこにもない
予定通り販売されることにめちゃくちゃ感覚にズレがあった
何かに負けてる感覚 

悔しいだけぇ~(byゆーみん)

知り合いの最後の一人 
大抵お仕事でたぶん断られるだろうと
思いつつも可能性はどこのあるかわからないから
ダメって確認のために連絡してみた メールの返事は
ちょーど休みで昼から近くまで行くから行ける
救世主いた

事情わかってそれならと早めに行ってくれて並んで
その場で購入は出来なかったけど受注生産の予約券が出て
後日発送になって こっちは地震で配送もNGな時に
店員さんに事情話して万が一の対応まで段取りしてくれて
完了連絡が来たときにはほんと嬉しかった

買えてよかったよぉ これで元気でるねぇって
こういうとき ヲタやっててよかったと思う
いつも助けが見つかるわけじゃないし
ダメなときはいくら探してもダメなこともある
普段連絡取り合うことがなくても困ったときに
繋がる縁もそこそこあるから
普段連絡ないのに連絡するのって勇気いるけどね
それでも助けて欲しいときは助けてっていうし
逆に助けてって言われれば最大限で協力する
相手はほぼ毎回かわるけど ヲタ皆協力が理想
言うほど簡単じゃないですが

けどアタシみたいにツテがなく買えなかったヲ友達もいる
当初は店頭販売だったけどその後販売方法変わったまでは
わからない ようやくお店に問い合わせできるようになったときには
完売って言われちゃったから
「いろいろ考えて こーんな時期に買いに行くの止めたよ」って
アタシが買えた事を喜びながら 
様子聞いた友達の返事が少しだけ苦かった

店舗が限られてるしなかなか地方からは行くことができない
もっと販売拡大してほしいって思ったけど
商品と一緒に添えられた手紙に
『まだお問い合わせが絶えない 希少なアイテムですので』と
書かれていて そういう意識が強いのかもね
地方住みにななかなか厳しいこというなぁって思うけど

亀ちゃんご愛用ブランドは庶民向けではない
そんなこというと亀ちゃん寂しいかしら
もともと収入の違う OLがチミと同じモノを求めるのは
かなりのムリがあるだわ 
それでもついつい手が出てしまうから
まぁ あとはアタシが頑張ります
つくづく自分がしょーもなーとは自覚するわ

念願叶って届いたバック
大事にするあまり 実はもったいなくて使えない感覚が
それこそもったいないって突っ込まれそうだけど
苦労して手に入れたら 飾り物じゃなくて
ちゃんと汚れるぐらい使ってあげるべきなのか

思った以上にストライプの幅が狭くて汚れは目立たなそう
赤い手提げ紐は革だったのね 注意書きに
『この製品は大変デリケートな表革の為
摩擦などによって箔がはがれやすいのでご注意ください』とな
皮製のバックは新品よりもむしろ使い込んだほうが
味があるなっていうけど(ケリーバックのデザイナーが新品を
踏んづけたりひっぱったりしているのはさすがと思った)
さてこのトートもそんな感じで使ってあげればいいのかな

どーせ そのうち バックの大元の持ち主は
まった一目ぼれして 新しいの買っちゃうだろうからね

チミもチミだけど
アタシ達もアタシ達・・・・・

だよねっ


中はおしゃれにシンプル
20110403 2
にしても約2万のトートバックってやっぱり高いっ

去年地元のセレクトショップのショーウィンドウに
飾ってあった布バックに車の中から一目惚れして
店の中へ駆け込んで 商品確認お願いすると
「エコバックですね」とディスプレイ外してくれて
手に取るとポケットいっぱいあって
もともとデザイナーさんが妊婦さんになったとき
マタニティバックとして考案されたから機能性は十分で
むちゃくちゃ気に入ったバックの値段が1万4千円
聞けば海外セレブご用達のバックだったそうで
価格はぜんぜんエコじゃないっ
悩んで一度店を出たけど やっぱりどうしても欲しくて
1万4千円でその日のうちに買いに行ったことがあった
そのバックは遠征用のウチワや応援グッズ入れて持ち歩いてるけど
まさかその上を行くトートバック1年後に買っちゃうとはねぇ

バックプチ情報
そもそも発売は2010年春物として販売
むろんPVの時には販売終了
どのような事情があったかは不明ですが
再販決定となる
他の店舗の際半数は不明ですが
ヲ友達が並んだ大阪は20個ぐらい
その時点で完全受注生産予約券が発行(再再販)
現在は完売中
2011年春物として手提げの色違いが販売される
という話もあるようです

再販はおそらく亀ちゃんが影響していると
思っちゃうわけで さすが亀ちゃん 恐るべしっ
(こえーのはちがうべ

さて今年は何人の方とライブ会場で
お揃いになることやら・・・・




[2011/04/03 17:39] 亀梨和也 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。