ヨーイドン 

一瞬の風になれ

4話見終わって

内クン復帰第一弾ドラマがこのドラマでよかった

と思う

内クンと亮チャンの台詞が被るんだよね

3話放送前 お店に顔を出した時の仁担さんとの会話
2話の放送 4話の中で一番 印象が強い
それは 内クンと亮チャンの台詞が2人のこれまでの
心の葛藤と重なるから
そう気づいたとき 他の回の台詞もそう思えてくる
なんでもかんでもこじつけ そう言われてしまえば
それまでなんだけど・・・・

何処までが ドラマとしての脚色で
ワザとオーバーラップするように仕込まれたのか
原作を知らないからわからないけど
原作に内クンと亮チャンの痛み・苦しみ・希望
心の闇と光がピッタリと当てはまったのなら
神谷新二 健一は 内クンと亮チャンしか
演じられなかったのかもしれないって
ココ仕組まれた脚本だと哀しくなっちゃうけどね

けど 考えようによっちゃ 仕組まれていたとしても
伝えたい気持ちを皆に伝えるチャンスをもらえて
気持ちが伝わるなら それもありかなぁっても思う
原作ってどんな感じなのか知りたいけど
知ったらもっとちゃんと内クンを自信持って
褒めてあげれるけど 裏づけのない中途半端な力説で
ほんとゴメンね

初めて見た内クンの演技
あんなに熱血さを演じるのは意外で
恋愛に対してあんなにベタな演技もおかしくて
だからこそ 苦の部分にぐいっと引き込まれた
喜怒哀楽を上手に演じるんだな思った
プレゾン見たときはそれがよくわからなかったけど
今回はわかったよ

ま うちの亀ちゃんとは雰囲気も違うから
直接比べれないけど 内クンの演技好きだな

ある意味復帰できたことも それがドラマ主演だったことも
起したことからみれが 恵まれているんだと思う
けどね そのチャンス誰もがもらえるわけじゃないの
もらえる・もらえないも運だし 内クンの人柄が好かれたわけだし
恨んだり ひがんだりする人もいるけど
誰にだって認めてくれて好きになってくれる人が必ずいて
その人に環境にに出会うか出会わないかの違いだけなんだから
内クンはそういう人に環境に出会えているの だったらそのチャンス
ちゃんと生かして前へ進んでもいいんだよ

これから先は内クン次第なんだ
内クン一人じゃどうしようもないこともたくさん起こると思うけど
支えてくれる FANやエイト NEWSのメンバーも
そして何よりも心強い亮チャンが家族が傍にいるんだから
しっかり 前へ走っていきなよ

内クン ヨーイドン199

頑張れよ~1



ドラマの最後静かにエンドロールで終わったけど
最後にもう一度「裸足のシンデレラボーイ」
で 感動の涙で余韻に浸りたかった
悔しいから頭の中で流したけどね
あの歌詞も内クン思い出させるからさ 

内クンの事ばかりだけど
ハセジュンもよかったよね
少クラ見たとき斗真と並んでかっこよかったのに
渡鬼で正直 見つけられず・・・ 見つけたとき
意外にも老け込んだその姿にビックリしたから
今回の役で ハセジュンにももっとドラマの
イケメン役が来ることを願います
斗真が大ブレイクしたみたく もっと歳相応な役で
(24歳だけど高校生役でも十分いけていたし(笑))



さてと 少しは亀ちゃんのこと見てあげないとね
焼もち妬いているかしら・・・・・ね汗;

ジャニーズブログランキング
只今ランキング参加中 よろしければ1日1度クリックしてくださいな


[2008/02/29 02:50] NEWS | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する